ホーム
当社沿革
基本方針
環境方針
第47期テーマ
当社へのアクセス
 



       
 1.会社の理念

                   
     アート工業㈱は、地域環境との共存共栄が最重要課題であることをよく認識し、

    人と環境が調和した事業活動を行う。

             
     (但し、その活動はアート工業㈱が現在事業活動としている「プラスチック製品の

    塗装等を主体とした二次加工一般業務」の範囲内であることが前提になる。)

       
 2.基本方針

                   
    ① アート工業㈱は環境マネージメントシステムを構築し、方針、計画、実施、見直し

     のPDCAサイクルを構成し運用する。

             
    ② 環境マネージメントシステムは継続的な見直しを行い、事業活動による環境汚染

      の予防に努める。また、生物多様性等、環境保護活動にも積極的に取り組み、

     継続的向上に努める。

  
    ③ アート工業㈱全従業員は事業活動に係わる環境法規や協定、従業員間で合意

     された環境問題に関する確認事項を守らなければならない。

          
    ④ 含有規制化学物質への対応(ROHS指令並びにREACH規則等の順守)

     
    ⑤ 当社環境方針の達成の為に、全従業員が(役割分担上)各自個別の目標を掲げ

     全員参加で環境活動に取り組む。また、定期的に年1回以上の見直しをする。

       
 3.取組みテーマ

                   
     アート工業㈱の事業活動に関わる環境側面の内、次項目を重点テーマとして取組む

     
    ① 電力消費量及びLPガス消費量を低減することによって、省エネルギー化の推進

     及び、CO2排出量を削減する。※使用量の削減(リデュース)

         
    ② 梱包材料、資材等の有効活用及び再利用による省資源化の推進を行う。

     ※資源の再利用(リユース)

   
    ③ 産業廃棄物の低減とリサイクル化の推進を行う。※再資源化(リサイクル)

     
    ④ ROHS指令による対象物質(6物質 鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDE)全廃

     もしくは規制値以下を順守し、並びにREACH規則も順守する。使用材料のMSDS

     MSDS PLUS、ROHS指令、REACH指令の調査報告書をメーカーより入手し、

     当社含有化学物質責任者が、紙ベース又は電子ベースにて保管、管理をする。

         
    ⑤ 生物多様性保全活動への参加

             
    ⑥ 従業員に対する環境教育を行なうと同時に実施内容等を記録保管する。

       
    ⑦ この環境方針は、全従業員に配布し教育を通じて周知させ、環境に対する意識の

     向上を図ります。また、外部からの求めに応じて公開いたします。          
                       
                                             平成 26 年  4 月  1 日

  
                                          アート工業 株式会社

                                       代表取締役社長 杉森 功

 

  
Top